ウィーンの舞踏会ではどんなダンスが披露されるのか

舞踏会と聞くと、社交ダンスをしている人にとって、一度は憧れる場所です。しかし、舞踏会に参加しようと思ってもなかなか参加できませんよね。
今回は、世界的にも有名なオーストリアのウィーンで開催される舞踏会について調べてみました。

舞踏会が行わていたのは、17世紀から18世紀にかけてのヨーロッパで、日本ではあまり一般的ではありませんが、宮廷の儀礼や式典では欠かせない物となっていました。しかし、この舞踏会に参加することができるのは上流階級の人間のみで、民間人が参加することはほぼありませんでした。

現代の舞踏会では、こうした17世紀ごとの舞踏会をイメージして、当時のルールなどをマナーなどを基本にして、一般の人でも参加することができる舞踏会がウィーンや他の国でも行われています。

舞踏会というのですから、ダンスを披露することができなくてはなりません。舞踏会で披露されるダンスはタンゴなどのポップなダンスではなく、ワルツやフォークダンスです。

舞踏会にはダンスが披露できなければ参加することが出来ないのでは?と思った方もいると思いますが、ダンスを披露することが出来なくても舞踏会に参加することは可能です。

ただ、舞踏会をより楽しみたいなら、ダンスが披露できるようにしておくと、より舞踏会を満喫することが出来ます。
ウィーンで開催される舞踏会はタンゴとはまた違った魅力のあるダンスを見ることができます。

Copyright(c) 2015 タンゴ探偵 Inc. All Rights Reserved.